初心者にありがちな失敗例



    子供の頃、ピアノレッスンの経験 がある人に、

    「楽譜は読めますか?」 と質問すると、大抵返ってくる答えは、


 「少しなら読めます!」


    ところが、よくよく話を聞くと、

    本人が言ってる 「楽譜が読める」  というのは……


  ♪が読めないとは? …… 「楽譜にドレミと 書き込むこと」

  ♪が読めるとは?   ……  「ドレミと数えれば 音とりができること」



    わざわざドレミと書き込まなくても 数えれば 音取りができる。

    その 「数えてる状態」 のことを  「楽譜が読める」  と言ってるのですが・・・



 本当にそれ、 「楽譜が読めてる」  と言えますか?


     【本当は 音符が読めてなかった】

   1. 難しい音符は、「ドレミ」 と数えてしまう!

   2. 「ヘ音記号」 や 「加線」 が苦手

   3. 臨時記号 (♯♭) や 「♭4つ」 などが怖い

   4. 「リズム」 は、半分 カンで当ててる!

   5. 初見がデキナイ (いきなり両手で弾くなんて無理)


 私って 本当は、楽譜が読めてなかったのですか?


    実はその通りなのです。 

    その証拠に、子供の頃、何年もピアノを習っていたはずなのに・・・。

             ・
             ・


 覚えないと、曲が弾けません!


    普通の ピアノレッスンに習いに行くと、

    「まずは基礎が大事!」 と言われて、 「練習曲」 を渡されます。


    「次回のレッスンまでに、○ページまで弾けるように、家で練習してきてね♪」


    ところが、言われたことを、家で実行するとどうなるか?


 1. (楽譜が読めないから) 最初は「えーとドレミ・・」 数えながら音取り

 2. 何度か繰り返し練習するうちに、答えを耳で覚えてしまう!

 3. そこから先は、耳で知っている音を 「記憶」 で当ててるだけ!


    この 「代表的な失敗例」 に、心当たりありませんか?


  あっ、言われてみれば確かに ……。


    たとえ、楽譜を見ながら弾いていても、実際には

    耳で覚えて弾いている だけで、

    本当は楽譜がスラスラ読めてるわけではない。 だから、


    「それじゃ、5小節目のココから弾いてみてください」 と言われたり

    「優秀ですね! じゃあこれは?」 とページをめくられる など、


    練習で覚え込んだパターン から 一歩でも ズレただけで、
    途端に何もできなくなってしまう…。


    音符が読めてない証拠 ですよね?




  初見を教わってなかった! 

  
大人の初心者  大人の初心者


練習ってどうすれば?
    答えを知りたい方はコチラ

初心者にありがちな失敗
  本当は読めてなかったの?

なぜ音符が苦手なのか?
  「曲の練習」 で苦労してる理由

早く初見をスタートさせる
  数倍の早さで伸びたかったら?


   

     

  魔法の裏技


   当HP と併用すると、上乗せ
   で基礎力が身につきます





   
 頑張ってる自分に


   モチベーション持続のために
   たまには自分にご褒美




 

   本やCD・日用品など


   CDの演奏や楽譜の評価も
   レビューを参考に

  
(大人の初心者)