ハノンを10倍活用しよう  (ハノン練習曲の抜粋)
menuへ戻る


 HANON

 バイエルツェルニーブルグミュラーと並んで
 国内で大変普及している練習曲です。

 指の訓練 (基礎) のための練習曲なので、あまり
 面白みはありませんが、このページで解説した
 「練習番号」 は、ぜひ取り入れてみてください。


    作者 (ハノン本人) による指示が、毎日、全部、さらう……。

    これは、インパクトが大きかったと思います。

           ・
           ・

    しかし、実際に毎日ハノンを1~60番まで練習したら、
    1課題を1分で弾いたとしても、ハノンだけで1時間もかかってしまいますから、

    あまり現実的とは言えません。


    そこで、選りすぐった綺麗なドングリだけ、袋に集めるのですが、
    ここで子供のように安易に、


  じゃあ、「ハノン第一部」 の1~20番だけ毎日やればいいのかな?


    と考えてはいけません。

    それは、練習曲の使い方を知らない人 の発想です。

           ・
           ・

    1番~20番を1回通すなら、それよりも、自分の苦手部分、

    10課題程度をピックアップして、
    2回ずつ繰り返したほうが、はるかに効果が大きいのです。


    まずは1度、騙されたと思って、以下の番号だけ重点的に練習してみてください。

    これは、私が選りすぐったハノン最重要課題です。

    合計10課題です。



    ★ハノン第一部
      1.2.6.8

    ★ハノン第二部
      38.39.40

    ★ハノン第三部
      44.46.50


ハノン1番

    五本の指を同程度に鍛える基礎。

    ついつい機械的に、弾きがちなハノンですが、ハノンを弾くときは、
    バッハやモーツアルトを意識しながら音に意識を向けてやってみましょう。

    音楽的な音を作るための基礎練習という意識を持って、同じ音階を弾くときも、
    レガート(滑らか)に聞こえるように、音に意識を向けて練習すれば、

    意識一つで練習効率もグンと高まるはずです。


ハノン2番

    五本の指を同程度に鍛える基礎。

    慣れるまでは、指使いに戸惑うかもしれません。
    ですので、これは練習で慣れてくださいね!


ハノン6番

    小指を鍛えること。
    五本の指で、鍵盤と鍵盤の間の感覚を正確に覚える基礎。

    (鍵盤を見なくても弾くためには、鍵盤の感覚を正確に覚えないと
    いけません。曖昧なままだと、この6番は、指が絡まります)



ハノン8番 全5指のたいへん重要な練習

    主に、ポピュラー曲に、応用が利きます。
    ポピュラー曲では、左手の伴奏で、この形の発展系を、よく見かけるのです。

    奇麗な音に意識を置いて練習してみてください。


ハノン38番 音階のための予備練習

    ピアノの基本。かなり重要です。
    ソナチネなどに、すぐ応用が利くので、熱心に取り組んでください。

    ソナチネだと、132 (ALLEGRO) の速さは要求されるので、
    最低でも、この速さには慣れておきたいところです。

    ここを熱心に練習すれば、左手もクルクル動くようになります。

    ぜひ、メトロノームをかけながら、自分の限界に挑戦してみてください。

    でも、だからといって、音をおろそかにして、荒い演奏の癖をつけては駄目ですよ。
    薬指の出す音に、特に注意してください。


ハノン39番 音階の練習

    見た目は、38番と重複するように思われますが、
    こちらは、黒鍵も入っている分、余計に厄介です。

    楽譜を見ながら曲を弾くときに、変ホ長調など、どことどこが黒鍵で……

    といちいち意識しなくても、パッと楽譜を見ただけで、無意識に指が黒鍵に行くように
    黒鍵の位置を感覚的に覚えてください。


ハノン40番 半音階

    半音階は、ポピュラーでも、クラシックでも、よく見かける形です。
    楽譜を見ると、あまり気が進まないでしょうから、指番号だけ覚えても構いません。


ハノン44番 もっともむずかしい技巧のための高度な予備練習

    指替えの基本。

    「結婚行進曲」(メンデルスゾーン) 「華麗なる大円舞曲」 などの、
    同音連打のときに、この指替えが出てきます。

    同音連打で、音が抜けてしまうのはなぜ?

    前の指がモタモタして、鍵盤が戻る前に、次の指が来てるから
    音が出ないのです!

    前の指を、もっと素早く逃がすこと!


ハノン46番 全5指のためのトリルの練習

    トリルの練習と書いてありますが、弱点の指の集中治療に、もってこい。
    指が弱い人は、弾きにくいと感じた部分を何度も繰り返してみてください。

    どの指でも問題なく弾けるようになったら、
    楽譜の記述通り、トリルの練習(速度と音)に意識を向けてみましょう。


ハノン50番 レガートの三度

    「人形の夢と目覚め」など、クラシックでも、ポピュラーでも、よく見かける形ですね。

    音の大きさ、つながりが綺麗に揃うように、音に意識を向けるといいでしょう。
    第3関節(指の根本)が非常に鍛えられ、指の根本が安定するようになります。


  練習曲ではないけど、練習曲のような効果が出る曲はありませんか?


    一つの曲に、さまざまな要素がちりばめられていて、
    普通の名曲でも、練習曲のような効果が得られる!


    もちろん、そういう曲はいくつかあります。


    私自身は、【ウォータールーの戦い】  と 【キラキラ星変奏曲】 を勧めています。

    どんな効果があるか? は、師事されている先生にきいてみてください。


    全国の ピアノレッスン でも優先的に導入されてほしい曲です。


    どちらの曲も、様々な効果がバランスよく配置されているので、

    練習曲嫌いの人は、毎日この2曲をさらうだけでも大きな効果があります!




  リトルピシュナで難曲攻略

  
指の訓練  指の訓練


ハノンはやらなくていいの?
   ハノンよりもっとすごい練習法を!

本日の練習テーマは何か?
  Plan Do Check の流れです!

ハノンの本当の使い方
  毎日一通り(1~60番)を全部さらう

ハノンを10倍活用しよう
  第一部だけやればいいのかな?

リトルピシュナで難曲攻略
  やった以上に効果が得られます!

練習曲 を曲の基礎に使う
  ハノンとリトルピシュナを同時に

   

     

  魔法の裏技


   当HPと併用しながらどうぞ





   
   頑張ってる自分に


   モチベーション持続のために
   たまには自分にご褒美




   

   本やCD・日用品など


   CDの演奏や楽譜の評価も
   レビューを参考に






  
指の訓練