ピアノ奏法 (一流ピアニストのピアノ奏法分析)



  表現力のある、豊かな演奏をしたいと思っても
  ギチギチの固い指のままでは、無理な話です

 表現力のある演奏には、柔軟性のあるピアノ奏法 が必要です。

 ぜひ 「プロのピアノ奏法」 をヒントにしてください!



        ▼ (ヨーロッパの一流ピアニストの奏法を分析) 

   一流ピアニストの奏法


 

プロも弾き方を間違えてるの?

教科書はあくまで、万人に向けた正論
  指の形はプロに学ぶ 場面ごとに柔軟に指の形を変える

  アシュケナージの奏法分析 アシュケナージの音の秘密
  ホロヴィッツのピアノ奏法分析 指を寝かせて運動量を少なく
  ヨーゼフ・ホフマンの奏法分析 ホフマン奏法の注意点




        ▼ (音を美しくする 姿勢と手の形) 

   ピアノ奏法


 

卵を握った形はなぜダメか?

シュツットガルトのレーベルト・シュタルク派
  レッスンでのピアノ奏法 では、ヨーロッパの一流ピアニストは?
  理想的な姿勢とヒジ支点 指だけで弾こうとしないで分散する

  脱力トレーニングのやり方 脱力で、美しい音を表現する
  脱力で音がキレイになる秘密 ただ力を抜くだけではダメなのです
  腕の痛みと腱鞘炎の予防 痛いときは、ここを見てください!




  ピアノが上手になる★超簡単ヒント集
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ
  
ピアノが上手になる★超簡単ヒント集