初見ができる人の曲の練習法 (ミスのクセはこの練習で防げる)



初見が出来るようになったのなら、『曲の練習』 も
初見力を生かした、特別な練習をしましょう!

     この練習法をとることで、他の人から見たら 「天才」 にしか見えない
     とんでもないスピードで上達できるようになります!

     (初心者の方は、姉妹サイトの 「曲の練習法」 もありますよ!)



        ▼ (大人なのに 子供みたいな練習になってませんか?)

   初見力を練習に生かす


 

曲の練習がうまくいきません

ミスに苦しめられた 本当の理由
  ピアノ練習は練習初期が勝負 なぜ 「ミスのクセ」 がつくか?
  ミスなし・スラスラ・さぁて表現だ 曲の練習 と 初見 は1セットです
  初見の本当の破壊力を見せる 上手な演奏の条件とは?
  初見が出来る人の譜読み練習 頭の中で演奏のシミュレーション
  3回見ながら弾く 最速暗譜法 どんなヒントで思い出したか




        ▼ (練習初期のミスのクセは この練習で防げる)

   上達マニュアル (曲の練習)

 

まず最初にリピートありき

子供みたいな練習になってません?
  部分練習は正解のパターン化 「直前の音」 からの指のズラし方
  指使いは部分練習で確定させる なるべく指の流れで覚えます
  無駄な動きをなくすこと 難しそうに見えてはいけないのです
  初見の技術でミスを半減 直前の音符から、1個お隣さん!

  初見の長所をいかした部分練習 正解の上で指が待ってる!
  油断して正確にできるか? 部分練習は、なるべく 「1段通し」
  頭真っ白で再現性を高める システム的に、ミスを防げませんか?
  成功の再現率を高める練習法 つかんだ成功は逃がさないこと
  本当に100点を連発できてますか? かけ声だけになってませんか?




        ▼ (ミスに対する対策は?)

   ミスに対する考え方


 

毎回ミスか?偶発的なミスか?

弾くたびにミスの場所が変わる
  何度やっても100点にならない 子供のルールを引きずってない?
  伴奏ではミスからの復帰法 実は、ピアノソロも同じなのです!
  パーフェクトの自信ある? 自信がないのに、ミスが想定外




  ピアノが上手になる★超簡単ヒント集
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)
  
ピアノが上手になる★超簡単ヒント集