クラシックCD専門の検索


  検索結果が現れたら、
  レビューを読んでみてください。

  そのCDが名演であれば、
  どなたかのコメントに

  「買ってよかった」と書いてあり、

  イマイチだったら
  「○○さんの演奏のほうがお勧め」
  書いてありますので、

  同じ曲でも一番の名演が、きっと見つかります。
クラシックCDの検索を表示

    ↑ クリックすると、検索できます。





   Amazonでは、ものによっては、

   「ディスカウント中のもの」「海外版」などもありますので、

   通常より安く買える場合があります。

        ・
        ・

   また、Amazonのレビューが参考になる場合もあります。


   そのCDが名演であっても、 「○○さんの演奏のほうがお勧め」
   ある場合もありますので、


  同じ曲でも、一番の名演が、きっと見つかります。


        ・
        ・

  ●AmazonのクラシックCD検索画面



クラシックCDの検索画面


↑ クリックすると、検索できます。


   届いたCDを聴くときはここに注意!


   誰もが皆、ピアノが上手になりたくて練習を重ねます。

   しかし、タダ単に、楽譜をなぞりながら指を動かすだけでは、
   なかなか上達はできません。

        ・
        ・

   理想の演奏に向けて、自分の弾き方を修正しなければ、
   「今までの弾き方」から何も変わらないからです。

   1.CDを聴いて、
     プロの表現 (音の強弱やバランスなど) を学び取る。

   2.自分の演奏とCDの演奏を録音で聴き比べて、
     自分の弱点を知る。

   3.「弱点克服」を練習課題にして、苦手部分を徐々に克服。


   それを何度も繰り返すことで、
   少しずつ自分の音が、プロの音に近づいていきます。

   ぜひ、CDからプロの技術を吸収して、自分のものにしていってください。


  ●※ CDの、細かい表現を聞き取るためには、
    良いオーディオや、ヘッドホンをそろえることも大切です。




TOP >> ピアノが上手になる・超簡単ヒント集