初見だと、指番号が全然見えません!



   子供の頃に習った先生は、


     指使いは必ず守って!
     楽譜に書いてある通りに!

     と、指番号に大変厳しい先生でした。

     なので、初見の時も指番号を守ろうとしてるのですが、
     指番号が全然見えません! どうすればいいですか?





  初見では、優先順位を考えてください!


   初見の時は、指番号はあまり気にしなくてOK!

   指番号まで見ていたら、弾ける曲も弾けなくなってしまいます。

  ええっ? でも子供の頃の先生は、指番号は絶対だって・・・


     それは初見に対してではなく、
     「普通に練習してる曲」 を弾くときのルールでしょう?


     今は 「初見」 のルールなのに、

     「覚えて弾く時」 のルールを当てはめようとしてませんか?




  初見は、取捨選択の闘いです!


     指使いは必ず守って!
     楽譜に書いてある通りに!

     初見でコレを守ろうとしてしまうと、かえって融通がきかなくなって、

     指番号を見ようとして演奏が止まってしまいます。


     今、その失敗例に引っかかってませんか?


  でも、指番号も、できるだけ守った方がいいですよね?


     もちろんそれが理想ですね。

     どうしても、指使いもきちんとしたい・・・ という方は、


     別なところで解説している

     【右脳で演奏のシミュレーション】 という、イメージトレーニングをやってみてください。


     (ただ、上級者用のトレーニングなので、難しいですよ)




  右上 のメニューをご覧ください
  
うまくいかないときの
チェックポイント

「予想読み」のクセがある
   勘で「エイヤッ!」をしてない?

パーフェクトに弾けないです
   基礎力はもう完璧ですか?

テンポを上げるとミスする
   パソコンのキータッチと同じです

ズルしてでも当てたい!
   練習テーマを外れてませんか?

上手な人は底なし?
   危険な時は、弾かないだけ

指番号が全然見えません
   初見は、取捨選択の闘い

ト音記号 同士の楽譜
   両手とも同じマークの時は?

視界が狭くなってしまう
   ♪の丸い玉を見てませんか?

和音が苦手です
   正気に戻れば弾けませんか?

和音で臨時記号って大変
   ないものと思って、後からおっと

   

 魔法の裏技


   

  ほかにもうまい方法はない?

     

  正当派の教え方なので安心

  
(ミスタッチ)