演奏ミスに対する注意! 
menuへ戻る


     このページを見てる ほとんどの方は、
     ピアノの先生から 「初見」 を教わったことがないと思います。

     ですから 演奏ミスに対する注意 も、


   その課題を何度もリピート練習しながら、答えを丸暗記


     暗記のためのやり方 しか知らないと思います。


     しかし、「初見」 の場合は 演奏ミスに対する注意 も、ルールが変わります。


     ここから先は、初心者の方は、初めて聞くルールかもしれませんが、
     初見のルールは……



  実力そのものを 上げることで対応!


     「ミスしたところは 答えを丸暗記 すればいい」 という、
     今までのルールとは違い


     初見のミスの対策 は、答えの丸暗記 ではなく、
     実力そのものを上げることで対応!


     ですから、そのための 練習の仕方 も今までとは違って


   ミスした場所 を修正するではなく
   ミスした原因 を修正する!


     そういう練習をしてください!



  ミスした場所 ではなく、ミスした原因 を修正!


     今までは、「ミスした場所」 の、補強練習だったと思います!


   その課題を 何度もリピート練習 しながら、答えを丸暗記


     しかしそれは、ミスした 「場所」 をつぶしただけ!
     ミスした 「原因」 は、そのまま残っているのです!


  えっ? ミスの原因をつぶすって、どういうこと?


     分からない方は、
     スポーツで 「試合に負けた後」 を思い出してください!


  「練習試合」 をやったら、シュートが全然決まらなくて、
  アッサリ 負けちゃったんだ!


     その後、実力アップ のためには、何をしますか?


  悔しいので、そのまま再戦です!


     ええっ? 本当ですか?

     そのまま再戦 しても、また負けてしまいますよね? ですから、


  シュート が全然決まらなくて負けたから、
  シュートの特訓 をして、今度はビシバシ決まるようにしよう!


     それが正しい練習ですよね!

     試合で 見つかった 問題点 → 課題を持って基礎練習に戻る


     関連リンク……課題を持って基礎練習に戻る




  なるべく ミスしないで 弾きたいです! (ミスは初見力で防ぐ)

  
初見の練習  初見の練習


  初見演奏前のチェック
   音を出す前に毎回チェック!

  難しい曲の注意点
   守りきって、善戦を目指す!

  いきなり100点がいい
   足りない点数は何点ですか?

  体感難易度を下げる
   お隣さんを できるだけ引っ張る

  演奏ミスに対する注意
   暗記のためのやり方 ではない

   

 魔法の裏技

   

  ほかにもうまい方法はない?

     

  正当派の教え方なので安心

  
(ミスタッチ)