この臨時記号 和音の上下どちらにかかってるの?
menuへ戻る


 臨時記号のついてる 「和音」 って、すごく読みにくいです!


    たとえば、こういう音符を見ると、


      


    この臨時記号は、上下どちらの音符にかかってるのか
    判断に迷うことがあります。


    特に、2番目の音は、虫眼鏡が必要ですよね?


 そういう場合って、どうすればいいですか? カンに頼ってエイヤッ?
          ・
          ・

    ところで、その判断に迷ってるときって、

    真っ先に臨時記号から 見にいってませんか?



 怖いところを真っ先に見てませんか?


    ほとんどの方は、こういう音符を見たとき、


      


    真っ先に臨時記号から見にいってると思います!


 確かにそうです! 臨時記号から見ちゃってます!


    だから、判断ミスが起こるのです!

    臨時記号はないものと思って、先に音符だけ見てください!


 ないものとして?


    

   今までのような 「まず最初に黒鍵ありき!」 ではなく

   最初は白鍵に指をセット!
   後から記号の向きを見て、左か右に、指をズラしてみましょう!

    最初は、臨時記号は無視して

    全部白鍵のつもりでセットしかけて、最後の最後で 「おっと!」 と白黒修正!


    記号の向きを見ながら、該当部分だけ、後からおっと!



 白黒の判断は、ギリギリまで遅らせる!


   一番難しいのを 真っ先に さばくのではなく、
   一番難しいものほど、ギリギリまで 判断を遅らせる。

    そう読むようにしてみてください!


    真っ先に白黒の判断をしようとすると、

    「こうなってるに違いない!」 という思い込みや、見まちがいなどで

    正解の逆パターンで反応してしまうことがあります。


    白黒の判断は、ギリギリまで遅らせる!

    (決断を遅らせる分、時間稼ぎになるので、判断ミスしにくくなる)


    それができるのは、初心者時代に、
    臨時記号の読み方の 「半音上がる」 「半音下がる」 を消したから!

    あのとき、直感的な読み方を教わったおかげで、こういう技ができるのです。



 たとえば 「悲愴1」 を例題にちょっと見てみましょう!


   

  えっ? こんな難しい楽譜が例題ですか?


    まともに読もうとすると、 「第1音目」 からすでに、KO負け。

    「コレ、どうなってるの?」 と試合放棄したくなりますよね?

          ・
          ・
    本当にそれ、読めませんか?
    今の実力で、なんとかなりませんか?


    まず、♪の範囲を見ると、全部の音符が今まで習った 「加線+3」 の範囲内!

   …… これも、白黒は指が打ち分けてくれるので、考える必要なし!

    臨時記号? そんなの気にしない!


  えっ? 気にしなくていいのですか?




    白黒ないものと思って、指をセットしかけて・・・・

    あとから、該当部分だけおっと!


  あれ? できちゃった!


    ホラネ? 知識だけならもう、このような難曲まで対応できるのです!




  右上 のメニューをご覧ください
  
うまくいかないときの
チェックポイント

「予想読み」のクセがある
   勘で「エイヤッ!」をしてない?

パーフェクトに弾けないです
   基礎力はもう完璧ですか?

テンポを上げるとミスする
   パソコンのキータッチと同じです

ズルしてでも当てたい!
   練習テーマを外れてませんか?

上手な人は底なし?
   危険な時は、弾かないだけ

指番号が全然見えません
   初見は、取捨選択の闘い

ト音記号 同士の楽譜
   両手とも同じマークの時は?

視界が狭くなってしまう
   ♪の丸い玉を見てませんか?

和音が苦手です
   正気に戻れば弾けませんか?

和音で臨時記号って大変
   ないものと思って、後からおっと

   

 魔法の裏技


   

  ほかにもうまい方法はない?

     

  正当派の教え方なので安心

  
(ミスタッチ)