♯系 (1~5個の練習法)



    シャープやフラットの数によって、

    黒鍵に変化するキーは、常に決まっています。


   早見表 

 ♯1個のときは…… ファ
 ♯2個のときは…… ファ・ド
 ♯3個のときは…… ファ・ド・
 ♯4個のときは…… ファ・ド・
 ♯5個のときは…… ファ・ド・


    ♯系のルールも、先ほどの ♭系 (1~5個) と同じルールですが
    ♯系は指番号だけ 注意してください!

menuへ戻る

  【練習1】 白黒の条件を指にインプットする練習


     まずは、右手 で、白鍵の「ド」 をスタートに、

     (♯2からは、黒鍵のド がスタート)

ト長調・ホ短調
  ドレミファソラシド (上がる)
  ドシラソファミレド (下がる)
23234


    と弾いてみましょう。
    そのときの、指の動きは 下の画像 の通りです。 (これを、♯5まで10往復ずつ)


    の 「変則スケール」 の練習
    

    (この絵のように ドレミファソラシド と声を出しながら、指を動かします)

            ・
            ・
    前回は、♭系の練習をしました。 今度は♯系をいきます!


    ルールは♭系の時とほぼ同じなのですが、
    ♯系は、指使いがバラバラなので注意してくださいね!



   (♯2) 以降も、同じルールでやってみます!

ト長・ホ短 ニ長・ロ短 イ長・嬰ヘ短 ホ長・嬰ハ短 ロ長・嬰ト短
23234 23 34 3423 23234


    まずはこの表の、指番号だけ を見ながら、ドレミファ……

    アンダーライン だけ、黒鍵で弾いてね!


    ※ 同じルールを ♯2~♯5 でも 繰り返します!



  今回は指使いに戸惑います!


    やってみると分かりますが、

23
  この、おかしな指使いはなんですか?
  イジワルですか?

    と思うかもしれません。

    もちろんこれは、イジワルではなく・・・


   「ニ長調」 とは、

    本来は 「レ」 という音を起点にした
    ドレミファソラシ・・・・・・ なので、

    本来のスタートの音 に戻したときは、自然な指使いになります。


  関連リンク……音部記号の脇にある♯(調性)




  今まではなぜできなかったの?
  
初見の練習  初見の練習


まずは♭系 (1~5個)
   白黒の条件を指にインプット!

音がおかしくありません?
   このルールには利点 がある

練習のやり方とその効果
   白黒の条件を指にインプット!

続いて♯系 (1~5個)
   ♯系の変則スケールの練習

今まではなぜなの?
   二兎を追う者は一兎をも得ず

   

     

  魔法の裏技


  全国レベルの先生が解説してます
  当HPと併用すれば効果倍増!





   
 頑張ってる自分に


   モチベーション持続のために
   たまには自分にご褒美




 

   本やCD・日用品など


   CDの演奏や楽譜の評価も
   レビューを参考に


  
(ワンランク上)