指で鍵盤を当てる読み方



    今まで読んできた記事で、

    音符への苦手意識は、かなり減ってきました!


    これだけでも、「子供の頃の先生とは、全然違うなぁ!」 と
    ホクホクしていると思いますが

    今回は、子供の頃から、ずっと苦手意識の強かった、


    を扱います。

           ・
           ・

      と    どちらのほうがカンタンですか? ときかれたら、


    みんな 「1個の方が簡単」 と答えますよね?


  はい。もちろんです。


      より    の方が、さらに簡単だよ! と言われたら、


    「ええっ? そんな馬鹿な!」  と思うでしょう?

           ・
           ・

    でもね、   より    の方が、さらに簡単になる魔法があるのです!



  いかに瞬時に反応できるか?


    …… こういう音符を見て、今までは個別に 「ド ・ ミ」 と読んでたと思います。


   しかしそれでは、「読譜スピード」 が遅い!

   これからは、音符から直接  と出してしまいましょう!


  えっ? どうやって?


    は 「間1こ分のスキマ」 がありますよね?


    ということは、どちらか片方だけ わかればいい のです!


    ♪を見たときに、スキマが 「間1こ」 あいていたら
    鍵盤もやっぱり 「間1こ」 あきますよね?

           ・
           ・

    ということは、どちらか片方の音符さえ分かれば、

    もう片方は、ちょっと指を広げるだけ!


      → 指で間1個の幅を作れば →  両方当たった!


    (読譜スピードが、今までの2倍!)



  音符がさらに増えても、同じです!


    パッと見ただけで、指の広げ方や、

    鍵盤の距離感まで分かってしまえば 今までの数倍速くなります


   たとえばこのような難しい音符 

    には、今までひどい目に遭わされてきたと思います。


   しかし新しい読み方なら・・・?



 いくつずつ離れているか?
 それだけわかれば、後は簡単!


   順に見ていきましょう!

 ○で囲んだ3つの音符は、
  と、何も考えなくても、出てきますね。



 一番上の音符は、直前の音符から2つ離れています。
 ちょっと指を広げて、2つ先に小指をセット。


 ・・・そのまま音を出すと?

 

 ホラ、正しい音が鳴った!


  上級者はこうやって、読譜スピードを上げているのです!


    初心者の読み方は  と数えますが

    上級者になればなるほど、右脳で瞬時に、


  この和音の指は この形! これらの音符は グループ化!


    と反応してるのです! (初心者とは 読み方が違うのです)




  こうやって楽譜で使います

  
初見の練習  初見の練習


 「曲の練習」うまくいかない
   通し練習ばかりしてません?

 覚えないと何も始まらない
   ミスを連発してた

 練習初期が勝負
   どれだけミスを回避できるか?

 最後は暗譜の理由
   暗記しないで、音符を読んで

   

 楽譜を読むスピードUP
   今までの「3倍速」で読める

 まずは両手の基準音
   「ライン」 をベースに基準音

 お隣さんのつなげ方
   「指の軌道」 を失いかけたら?

 指で鍵盤を当てる
   初見用の音符の覚え方

 こうやって楽譜で使う
   楽譜で 「お隣さん」 を使う

   


     

    初心者の方へ


  大人の初心者の方や、小学生。
  おうちの方に向けたHPです。


      (姉妹サイト)



     
 人前でも成功させたい方へ


  曲の弾き方や、練習法
  人前での本番の対策など

      (姉妹サイト)
  
(お隣さん読み)