楽譜を読む スピードアップのコツ!



    子供の頃に教わった 音符の読み方は、

       と、「ドレミに変換」 する読み方だったと思います。


    しかしこの読み方には 大きな欠点 があって、


  音符を見る →  ドレミと考える →  


    このように 「通訳」 が入ってしまう分、
    楽譜を読むスピードが なかなか上がりません。


    では、どうすればいいか? それは、ダイレクト反応です!


      ではなく  


    この ダイレクト反応の方法は 音符の覚え方 (ライン編) で解説しましたが


    ここからはいよいよ 楽譜を読む スピードアップ をお知らせします。



  楽譜を読む スピードアップのコツ

  


    まずは、視線の実験です。


    一つ一つの音符を 凝視せず、
    スッと表面をなぞるように、左から右へ視線を流してみてください。

    きれいに、右上に線がのびてますね?

           ・
           ・

    ところで今、パッと見たときに、

    これは 「一つずつ、順番に上がっている」 と気づいたでしょうか?


    気づかなかった方は、今度はゆっくり眺めてみてください。


  


    今度は、気づけましたね?


    ところで今、あなたはこの音符を ドレミ…… と言葉に直しながら、
    ひとつひとつ読みましたか?

    きっと、ドレミなんて全然意識せず、「図形」 として視線で軽くなぞったと思います。


    でも、そんないい加減な見方でも、

    ちゃんと 「一つずつ、順番に上がっている」 と気づけたのです。



 人は、視線を軽く流すだけでも
 直前の音に対して、いくつ離れているか? をつかめます


    ですから、ドレミ…… と直しながら、一つ一つ数えるのではなく、

    指の動かし方 のイメージを持ちながら 音符を眺めるほうが、
    ピアノの演奏は、むしろ簡単になるのです。


    今までは、音符をドレミと数えてたから、


   これは何ですか?  ではこれは?  これは?


    と、矢継ぎ早に質問されたら、

    初心者の方は、「あわわわ……」 ってなってしまいましたよね?


    ところが、先ほどの楽譜を思い出してください。

   


    その音符が順番に並んでるなら
    指も順番にズラせば、それが正解!



    ですからこの場合、


   これは何ですか?  ではこれは?  これは?


    今までのように、
    一つ一つの音符をわざわざ 「ドレミ……」 と考え直さなくてもいいのです!


    直前の音符から、1個お隣さん! …… ホラネ、簡単でしょう?




  まずは両手の基準音を

  
初見の練習  初見の練習


楽譜スピードUPのコツ
   今までの「3倍速」で読める裏技

まずは両手の基準音を
   「ライン」 をベースに基準音

お隣さんのつなげ方
   「指の軌道」 を失いかけたら?

ダブルラインが大好物
   この楽譜、意外にいけるかも?

ツボではなく、横顔として
   上級者の絵が見えますか?

指で鍵盤を当てる読み方
   初見用の音符の覚え方

こうやって楽譜で使います
   楽譜で 「お隣さん」 を使う

   

     

  魔法の裏技


  全国レベルの先生が解説してます
  当HPと併用すると効果倍増!





   
 頑張ってる自分に


   モチベーション持続のために
   たまには自分にご褒美




 

   本やCD・日用品など


   CDの演奏や楽譜の評価も
   レビューを参考に

  
(お隣さん読み)