初心者にありがちな失敗例



    子供の頃、ピアノレッスンの経験 がある人に、

    「楽譜は読めますか?」 と質問すると、大抵返ってくる答えって・・・


 「少しなら読めます!」


    ところが、よくよく話を聞くと、

    本人が言ってる 「楽譜が読める」  というのは……


  ♪が読めないとは? …… 「楽譜にドレミと 書き込むこと」

  ♪が読めるとは?   ……  「ドレミと数えれば 音とりができること」


    その状態のことを  「楽譜が読める」  と言ってるのですが・・・



 本当にそれ、 「楽譜が読めてる」  と言えますか?


   1. 難しい音符は、「ドレミ」 と数えてしまう!

   2. 「ヘ音記号」 や 「加線」 が苦手

   3. 臨時記号 (♯♭) や 「♭4つ」 などが怖い

   4. 「リズム」 は、半分 カンで当ててる!

   5. 初見がデキナイ (いきなり両手で弾くなんて無理)


    …… このような問題点に あなたも心当たりはありませんか??


 あれれ? 私って 本当は、楽譜が読めてなかったの?
             ・
             ・


 覚えないと、曲が弾けません!


    普通 ピアノレッスンに習いに行くと、

    「まずは基礎が大事!」 と言われて、 「練習曲」 を渡されます。


    「次回のレッスンまでに、○ページまで弾けるように、家で練習してきてね♪」


    ところが、言われたことを、そのまま家で実行すると?


 1. (楽譜が読めないから) 最初は「えーとドレミ・・」 数えながら音取り

 2. 何度か繰り返し練習するうちに、答えを耳で覚えてしまう!

 3. そこから先は、耳で知っている音を 「記憶」 で当ててるだけ!


    この 「代表的な失敗例」 に、心当たりありませんか?


  あれっ、言われてみれば確かに ……


    たとえ、楽譜を見ながら弾いていても、実際には

    耳で覚えて弾いている だけなので、

    本当は楽譜がスラスラ読めてるわけではない。 だから、


    「簡単な曲でさえ 覚えないと何も始まらない」 


  確かにそうです! 答えを丸暗記しないと 全然弾けないから
  いつも、新曲の譜読み が苦手で・・・・


    今まで 「曲の練習」 に 苦戦してきた原因って、実はこれだったのです。



 どんな練習をすればいいのか? 実は分かってない



    ピアノ初心者 の方は、

    ピアノが弾けるようになりたい! というイメージはあっても
    そのために、どんな練習をすればいいのか?

    それについては、意外にわからないもの!


    「曲の練習」 だけやってれば、伸びるのかな?


    そのようなイメージに、うっかり流されてるでしょう?


  えっ、違うのですか?


    本当は 曲の練習 より 初見 が最優先 だったのです!


    


    だって、目の前の楽譜を 「覚えないと 弾けない人」 より、

    「パッと開いて、どのページも いきなり両手で弾ける人」 のほうが、

    何倍もの早さで上達できるでしょう?

    (だから上手な人ほど 「音符がスラスラ読める」 ができてますよね?)




  できるだけ早く、初見の練習をスタートさせよう!

  
大人の初心者  大人の初心者


初心者にありがちな失敗例
  本当は読めてなかったの?

早く初見をスタートさせる
  数倍の早さで伸びたかったら?


   

緑がホームポジション
  初心者が 「これは簡単!」

音符の反応を上げたい
   初見は慣れではないのです!

指が正解を教えてくれる
  もっと速く読めるようになる!

「+3」までの加線の覚え方
  加線は3つで1セット!

真ん中エリアの加線
  教わる前からすでに知ってる!


   


     

    初心者の方へ


  大人の初心者の方や、小学生。
  おうちの方に向けたHPです。


      (姉妹サイト)

   

     
 人前でも成功させたい方へ


  曲の弾き方や、練習法
  人前での本番の対策など

      (姉妹サイト)
  
(大人の初心者)