「最後は暗譜」 の理由!  (初見を教わればよかった)


    子供の頃のレッスンの 失敗例


    子供の頃のレッスンは、単に 「次回までの宿題」 を指定されるだけの
    ノルマ形式 のレッスンでした。


    「次回までの範囲」 を指定されて

    ここまで弾けるようになってきてね!


    ところが、そう言われて、じゅうぶんな練習期間もあったのに、
    練習をサボってしまって、次のレッスンに間に合わなかった!

            ・
            ・

    すると、先生の目には 「練習不足」 がクッキリ映るわけですから


  ・ ミスをしないでください
  ・ もっとたくさん練習してください


    と、練習不足 を怒られます!



  「暗記しないで、音符を読んでください」


    心を入れ替え、練習時間を増やしたら、
    少しずつミスも減り、レッスンも順調に進むようになってきました。

    しばらくは それで順調に進みます。

           ・
           ・

    ところが、楽譜を全然見ずに 手元だけ見てる と、

    今度は、ミスではなく、別なところ に注意が!


   手元ばかり見ないで、楽譜を見ながら 弾いてくださいね!
   楽譜を見て弾かないと、読譜力 が育ちませんからね!


    しかし、そう言われても、「初見の練習」 はしなかった。

    やるのは 「曲の練習」 ばかり。 するとどうなるか?

          ・
          ・

    音符は読めないけど、先生には怒られたくない! となると、

    先生の前で 演技 に走ってしまう。


    【先生の前で 演技】

    先生の前では、いかにも読めてるフリ をしてるが
    実際には楽譜なんて 全然見えてない!

    楽譜をスラスラ読んでいるように 見せかけながら
    実際には、記憶の音を 指が必死に探してる!


    そんな弾き方では、再びミスを招く のは 時間の問題 です。

    再び、レッスン中にミスを連発 するようになると? 再び先生からは・・・・

          ・
          ・

  ・ ミスをしないでください
  ・ もっとたくさん練習してください


    と、一番最初の状態に また逆戻り!


    だから、 「最後は暗譜」 と言われていたのって、

    手元ばかり見ないで、楽譜を見ながら 弾いてくださいね!

    今までと矛盾する 指示なのですが

    ……これ以上はもう無理だと、目の前の課題を合格させるために、
    覚えて弾くしかない! と、先生が妥協した結果なのです。


   ※ 本来は、このタイミングで、
     先生から 「初見」 を教わらないといけなかった のです。




    楽譜を読むスピードUP

  
初見の練習  初見の練習


 「曲の練習」うまくいかない
   通し練習ばかりしてません?

 覚えないと何も始まらない
   ミスを連発してた

 練習初期が勝負
   どれだけミスを回避できるか?

 最後は暗譜の理由
   暗記しないで、音符を読んで

   

 楽譜を読むスピードUP
   今までの「3倍速」で読める

 まずは両手の基準音
   「ライン」 をベースに基準音

 お隣さんのつなげ方
   「指の軌道」 を失いかけたら?

 指で鍵盤を当てる
   初見用の音符の覚え方

 こうやって楽譜で使う
   楽譜で 「お隣さん」 を使う

   


     

    初心者の方へ


  大人の初心者の方や、小学生。
  おうちの方に向けたHPです。


      (姉妹サイト)



     
 人前でも成功させたい方へ


  曲の弾き方や、練習法
  人前での本番の対策など

      (姉妹サイト)
  
初めての初見の練習