パーフェクトに弾けないです
menuへ戻る


    【格上の曲】
  楽譜の難易度 「100」   自分の実力 「80」

     楽譜の難易度が 「100」 に対して、自分の実力は 「80」

     (20ポイント負けてる)


     そして実際に弾いてみたら、20ポイントのミス があった。

     それに対して、


  全然ダメ! まだ、スラスラできない!


     とガッカリしていませんか?

     でも、もう一度 考えてみてくださいね。


   ・ 楽譜の難易度が 「100」 に対して、自分の実力は 「80」
   ・ そして 演奏は、80点 の演奏だった!

     それって、当たり前 ですよね!

     なのに ガッカリ してるということは もっと出来る自信があったの?


     その 「出来る」 と思った 自信の根拠はなんですか?


  ただなんとなく~



  ミスは 気合い でなんとかなる! と思ってませんか?


   曲を 「パーフェクトに弾ける」 ということは
   言葉を換えれば スゴイ実力がある!


     ピアノが上手い人 なら、

     あなたが今つまずいた曲さえ、スラスラ弾けてしまうでしょう。

     でもそれは、ピアノが上手い人 だからできるのです。
     下手なうちは、同じことはできないのです。


     もっとできる自信があった のに、実際弾いてみると苦戦!


  全然ダメ! まだ、スラスラ完璧にできない!


     と感じたとき、原因は2つ考えられます!


  ・  実力そのものが足りない
  ・  自分の実力を発揮できてない


    自分は、どちらですか?



   どうやったらできるんだろう?


    「成功したい」 と思ったら、
    それにふさわしい準備が先になります!


  なんでできないんだろう! 思ったようにいかない!


    と感情で考えるのではなく、



    【なんでできなかったのか?】

  ・ 今の失敗は、何が足りなかったのか?
  ・ 教わったことをきちんと使いこなせていたか?


    ここまでつなげました? ただ悩むだけでなく・・・・・・




  右上 のメニューをご覧ください

  
うまくいかないときの
チェックポイント

「予想読み」のクセがある
   勘で「エイヤッ!」をしてない?

パーフェクトに弾けない
   基礎力はもう完璧ですか?

テンポを上げるとミスする
   パソコンのキータッチと同じです

ズルしてでも当てたい!
   練習テーマを外れてませんか?

上手な人は底なし?
   危険な時は、弾かないだけ

指番号が全然見えません
   初見は、取捨選択の闘い

ト音記号 同士の楽譜
   両手とも同じマークの時は?

視界が狭くなってしまう
   ♪の丸い玉を見てませんか?

和音が苦手です
   正気に戻れば弾けませんか?

和音で臨時記号って大変
   ないものと思って、後からおっと

   

 魔法の裏技


   

  ほかにもうまい方法はない?

     

  正当派の教え方なので安心

  
(ミスタッチ)