初見のときの 「意識の持ち方」



    初めて見る楽譜 を初見で弾く場合、演奏前に何をチェックしますか?


  え? チェックもなにも……いきなり弾き始めますけど


    そのやり方では、
    いきあたりばったり の演奏になってしまいますよね?


    ミスなくパーフェクトで弾きたい と思っていながら、

    目の前の準備が、「上手な人と 逆の弾き方」 になっていませんか?


  私も、できるだけ ミスを減らしたいです!


    それなら、音を出す前に、

    まずこれらの点を 毎回チェック する習慣をつけてくださいね。



  演奏前のチェック


チェック1. リピート記号

    演奏中、突然リピート記号が出てきて、
    「うわぁ、どこに飛ぶの?」と取り乱すことのないよう、始める前に、
    サラッと全体を眺めてリピート記号の飛び先をチェックします。



チェック2. 転調

    曲によっては演奏の途中で調が変わることがあります。

    これも、初見演奏中にいきなり転調が入ると、戸惑いますので、
    演奏を始める前に、サラッと全体を眺めてチェックしておきます。



チェック3. リズム

    ピアノで音を出す前に、先に楽譜に目を通します。

    このとき、楽譜を眺めながら
    頭の中で拍のカウントを取り、リズムパターンを頭に入れておきます。

    (自分のヒザの上で、タタタタ読みの練習)

    いきなり音を出し、弾きながら考えるのではなく、
    先にサラッと予習して、リズムパターンを身体で感じておきましょう。



チェック4. 難しい部分

    事前に、難所を知らずに 初見演奏 を始めると、演奏中にいきなり
    難所が出てきたときに、「ええと……」となってしまいます。

    まずは全体を見て、曲の中で気をつける場所 を先にチェックしておきます。

    難しそうな部分は、演奏を始める前に指番号なども見ておき、
    ヒザの上などで、指の動かし方をかるく予習しておきます。



チェック5. 見切り発車はしない


    予習として全体をチェックしていると、「難しそう」 と感じる箇所が、
    いくつか出てくると思います。

    そんなときは、その場で、楽譜を見ながら何度か指の動かし方を練習します。

    何度か練習を繰り返し、指の流れが頭に入り、
    「なんとかできそう」 と自信がついたら、そこで初見演奏を始めます。




  難しい曲の注意点

  
初見の練習  初見の練習


  初見演奏前のチェック
   音を出す前に毎回チェック!

  難しい曲の注意点
   守りきって、善戦を目指す!

  いきなり100点がいい
   足りない点数は何点ですか?

  体感難易度を下げる
   お隣さんを できるだけ引っ張る

  演奏ミスに対する注意
   暗記のためのやり方 ではない

   
 魔法の裏技

   

  ほかにもうまい方法はない?

     

  正当派の教え方なので安心

  
(ミスタッチ)