難しい曲 を弾くときの注意点!



   試合に負けることはある。 ただ負けるにしても

   自分たちのプレーをやりきって負ける のと
   そうでないのでは大きな違いだ

   サッカー元日本代表監督 イビチャ・オシムの言葉


    「強敵相手」 のときは、「勝った負けた」 ではなく、
    実力を出しきれたかどうか? それが一番、今後につながります!

           ・
           ・

    今回は、実力以上の 「難しい曲」 を初見で弾くとき の注意点です!



    【相手の方が強い】

  難易度 「200」   私の実力 「160」




  まともに闘ってはいけません


    このページを見てるほとんどの方は、
    先生から 「初見」 を教わったことがないと思います。

    だから 「難しい曲」 を初見で弾くときの注意点なんて、全く知らずに・・・・・・


    【今までと同じ意識】
    簡単な曲 と同じ意識のまま、難しい曲 にも挑戦してしまう!


    そして、アッサリ返り討ちにあっていませんか?


  それってダメなのですか?


見た目の感想 楽譜の難易度
  ・ 特に問題なさそう   自分の実力 の範囲
  ・ 少々不安がある   「1ランク上」 の相手
  ・ こんなの弾けるわけない   「2ランク上」 の相手


    目の前の曲は、「難しい曲」 なのでしょう?

    それなのに、
    何の対策もせずに 今までと同じやり方 で向かったらどうなるか・・・・・・

    だいたい想像つきません?



  難しい楽譜 に挑戦するときは?


    「難しい曲」 の初見は、サッカーの 「強敵相手」 と同じ作戦です!

    自分たちより強い相手には 圧勝 を目指すのではなく・
    相手とのレベル差 を考えた戦い方が必要です!


    強豪相手の時は、まずは大差で負けないことを考える!

    全力で守備をして、0-0 の引き分けを最優先に!
    たとえ点を取られたとしても、なんとか1点差で抑えきる。

           ・
           ・

    初見も同じで、強敵相手の時は、まずは守り から入ってください!




  難しい曲も いきなり100点がいい

  
初見の練習  初見の練習


  初見演奏前のチェック
   音を出す前に毎回チェック!

  難しい曲の注意点
   守りきって、善戦を目指す!

  いきなり100点がいい
   足りない点数は何点ですか?

  体感難易度を下げる
   お隣さんを できるだけ引っ張る

  演奏ミスに対する注意
   暗記のためのやり方 ではない

   

 魔法の裏技


   

  ほかにもうまい方法はない?

     

  正当派の教え方なので安心


  
(ミスタッチ)